永久脱毛にはいくつ可能方法がありそれぞれにメリットデメリットがあります

永久脱毛の手法はいくつかあります。中でも主流はレーザーで、電気絶縁針も効果的です。フラッシュを使った光での脱毛方法もあります。ここではその種類とメリットを紹介します。

レーザー脱毛

現在、美容外科やクリニックで主流なのがレーザー脱毛です。レーザーを照射して毛母細胞や毛乳頭を、つまり毛根を破壊してしまうのです。痛みが少なく、短時間で処理できることがメリットで、そのため現在の主流になったわけです。医療機関でしか施術できないので安心感があるという長所も挙げられます。

電気絶縁針脱毛

毛穴に針を刺し弱電流を流すことで毛乳頭を破壊する手法です。レーザーやフラッシュが現れるまではこの手法が主流でした。

フラッシュ脱毛

カメラのストロボのようにフラッシュを当てて毛母細胞や毛乳頭を破壊する方法です。レーザーが医療機関でしか扱えないのに対し、フラッシュ脱毛は誰でもできるのでエステや脱毛サロンで主流となっています。光脱毛やIPL脱毛などと呼ばれることもあり、メリットは痛みが少なく、施術時間が短いという点です。レーザー脱毛よりも1回の照射範囲が広くて痛みも少ないのも魅力です。

 

各手法のデメリット

次にデメリットを紹介します。

レーザー脱毛

レーザーの波長が毛根の黒い色素(メラニン)に反応するので、逆に色の薄い毛や産毛には効果がでにくいです。また、日焼けの度合いによっては永久脱毛が受けられないこともあります。

電気絶縁針脱毛

痛みが最大のデメリットで、レーザーが主流になってしまったことは容易に理解できます。毛穴に針を入れるときにチクッと痛みますし、電流を流すときの熱さでかなりの痛みを伴う手法なのです。医療機関では局所麻酔をするところもあるほどです。さらに、1本1本処理するので時間と手間がかかります。コスト面でもレーザーやフラッシュには敵いませんので、あえて針での脱毛を選ぶメリットはないかと思います。

フラッシュ脱毛

レーザー同様にフラッシュ脱毛もメラニンに反応するので、黒くて太い毛に適していて、ハイジニーナなどが特に適しています。色素の薄い毛や産毛には効果が出にくく、 日焼け肌には向いていません。