永久脱毛でわき汗などが増えて臭いが気になることがある?

永久脱毛で汗っかきになるというトラブルが結構多いようです。特にワキの汗がひどくなる傾向にあります。しかし、永久脱毛と発汗のトラブルの関係性は実はいまだ解明されていません。通説では脱毛行為がエクリン腺の発汗刺激になるからだといわれていますが、実際に汗が多くなっても、それは一時的なもので多汗症になったわけではないようです。
永久脱毛による発汗は恐らく精神的なものであり、例えばなんらかのきっかけで汗が増えたことで、それが気になってしまい余計に汗が増えるという悪循環を辿ります。今まで気にしていなかったのに、四六時中ワキが気になって、脱毛後に多汗症になったと錯覚するのです。そして、それ以来、ワキばかりが気になって、少しの汗でも多汗症になったと思い込んでしまうのです。
ですから、この悪循環を断ち切ることで脱毛後の汗を抑えることができます。よくある方法はボトックス注射です。ボトックスの効果はおよそ半年ですが、それだけでも汗が減るという事実があることで心境が変化し、精神性の多汗症が治るのです。

 

脱毛後の汗の臭いの正体

レーザー脱毛をしてから多汗症になってしまい、臭いが気になるという方も少なくありません。ただ、ほとんどの場合で臭いは気のせいです。ワキの毛が脱毛処理された場合、逆に臭いの原因となる雑菌が溜まって繁殖する毛穴がなくなるので、臭いの元は減っているはずなのです。
にも関わらず臭いを訴える場合は本人の鼻に近いため、汗が気になり、ますますワキに意識を集中させて臭いを錯覚させているのです。
また、精神性発汗なので、通常の運動や暑さを感じての発汗に比べ汗の濃度は濃くなっています。そのため、血漿のニオイ成分をより多く含んでいることから、本人は臭いと感じてしまうのかもしれません。
希に本当に脱毛により臭いが強くなる人もいます。これは脱毛しきれずに残った毛穴に皮脂や垢が溜まって酸化された場合です。脱毛後はワキの皮膚をよく観察し、毛穴に白いもの、もしくは黒ずみを発見したら皮脂を毛抜きで搾り出しましょう。それでも気になるようでしたら皮膚科で毛穴を開く処置をしてもらえば完治します。