妊娠中の永久脱毛は技術的には可能ですが、断られることが多い

妊娠中でも永久脱毛は可能です。ですが、クリニックなどから断られることが多いです。
フラッシュやレーザー脱毛による施術は子宮や胎児に悪影響を与えません。どこの部位を脱毛してもまったく問題はなく、ハイジニーナでも脱毛が可能です。しかし、なぜ断られることが多いのでしょうか。
その理由は施術の痛みが陣痛の誘発や心的ストレスとして負担になる可能性があり、急なトラブルに対応できないかもしれないからです。妊娠しているときは、ただでさえ急に気持ちが悪くなったり、吐き気がしたりなど予期せぬ体調の急変が起こります。ですので、安全第一のために妊婦は断わられるのです。
妊娠中はカミソリや電気シェーバーなどで剃る程度にして極力肌と母体に負担をかけないようにしましょう。また、結婚を控えた女性や既婚者は妊娠を考慮して予約を入れるようにしてください。

 

妊娠中は産毛が濃くなる

妊娠中は産毛が濃くなったり、肌にシミが浮き出てきたりなど体に変化が起こります。これは女性ホルモンの影響で肌に変化が起こっているからです。特に乳首とお腹の周りの産毛が濃くなります。妊婦によってはお腹の産毛が気になって、検診前に剃っていく人もいるようです。しかし、医師や看護婦はそういった状態を見慣れているので、あまり気にしないでいいです。まずは出産に向けて前向きに過ごすことが大切です。
それから、妊娠前に永久脱毛をした人の中には妊娠すると多少産毛が濃く生えてきたりすることがあります。しかし、あくまで産毛程度ですから安心してください。妊娠中に濃くなった産毛というのは自然に抜けるものなので放置しておきましょう。逆に永久脱毛をしたことがない人の中には妊娠中にワキ毛やすね毛などが薄くなったり生えてこなくなることもあります。この場合は逆に産後に元に戻ってしまいます。
産毛は剃ったり抜いたりを繰り返せば濃くなります。妊娠中は身体の変化に悩まされることが多いです。しかし、あまり気にせず前向きに向き合って、産後にお手入れをするようにしましょう。