産毛にも対応可能な永久脱毛

単純明快に回答すれば、産毛だって永久脱毛は可能です。ただ、レーザー脱毛機やフラッシュ脱毛機は黒い色に強い反応がある装置なので、色が薄いかほぼ無色の産毛には反応しづらいのです。毛根の中にあるメラニン色素などの黒色にレーザーなどが作用し毛根が破壊されるのですが、産毛だとその作用がかなり弱まってしまいます。
ですので、正統的な施術での産毛の脱毛はかなり難しいといえます。そのため、クリニックなどで施術を受けるに当たり、産毛の対処についてはあらかじめ考えておかなければなりませんし、カウンセリングなどの際に産毛はどのように処置されるのかを確認しておきましょう。そうすることで、施術が終わったあとに思っていたことと違う結果になったなどというトラブルも起こりません。

 

クリニックなどでも対応ができる

クリニックやエステで使用されている医療レーザーやフラッシュ脱毛の装置は黒に反応するために、色が薄かったり、無色の産毛に作用しないといわれています。
しかし、出力というか、周波数を弄ることで産毛に対処できるようです。そうなるとプロの技術になりますが、決してクリニックなどで産毛の永久脱毛ができないわけではないのです。
処置前に塗るジェルを省くことで、レーザーなどを直接患部に当ててしまうなどもひとつの手だそうです。この場合は肌への影響がやや心配ですが、プロの下でやる処置ですから、ケアは万全のはずなので、一応処置の手法や理論などを理解した上で受ける分には問題がないのではないでしょうか。
産毛の処理では電気絶縁針がレーザーよりも有効ですが、ただ痛みが強いのであまりオススメはできません。
とにかく医師や専門家へまず相談。これが永久脱毛を行うに当たって大切なことです。しっかりと自分が受ける手法を理解・把握し、安全に脱毛を行うのです。