顔の永久脱毛の安全性は大丈夫?

永久脱毛で全身脱毛ができるというからには顔の永久脱毛も可能です。
しかし、女性にとって顔は命です。レーザー脱毛機やフラッシュ脱毛機を使って火傷などをしたらと考えると恐いですよね。かといって、カミソリなどを使って肌が荒れてしまったり、毛抜きで跡が残ったりしても困ります。
そんな最大の問題に対しての唯一の解決方法といえば、やはりクリニックや美容外科の病院で永久脱毛を行うことです。永久脱毛は日本では医療行為に当たり、医師法第17条で医療機関以外での永久脱毛行為は禁止されています。永久脱毛は医師にしかできないのです。医師の元での施術であれば万が一のトラブルでもすぐに対処できるようになっています。そもそもレーザーは医師にしか扱えないほど高い出力を出せますが、それでも肌のほんのわずかな深さまでしか届かないようになっているので、最大の効果を出しながら、最も安全に脱毛できるものになっています。

 

顔の脱毛で気をつけておきたいこと

レーザーの永久脱毛で気をつけたいのは産毛がうまく脱毛できないところです。医療レーザーは毛根内にあるメラニン色素などの黒い色に反応します。黒の色に反応し、毛根が熱を持ち破壊されるわけですが、産毛というのは色が薄く、色素が黒でない場合や無色透明の場合もあります。ですので、レーザーが効かないのです。
女性は男性と違いひげなどの濃い毛がありませんから、レーザーを使った脱毛で産毛まで対処できないこともあるのです。もちろん、出力や周波数を変えることで産毛も対応できる場合もありますし、電気絶縁針で産毛の毛根を焼けますが、顔の場合、ほかの部位より慎重に対応しなければならないので、技術レベルの高い医師などに施術してもらいたいところです。