永久脱毛を自宅でできないのはなぜなのか?

永久脱毛を行うには注意事項がたくさんあります。インターネットで調べてみると簡単そうに見えますが、それなりに事前のケアや施術後のアフターケアが必要なのです。
例えば、永久脱毛は数回に分けて行わなければならないというのもそのリスクが読み取れます。永久脱毛は肌に負担がかかるものです。脱毛中の肌は敏感になっていますから、いつも以上にケアが必要なのです。特に保湿は大切です。永久脱毛中は肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿をしなければなりません。
肌のケアを怠ると、せっかく永久脱毛してきれいになった肌なのに、残った毛穴に雑菌が溜まって臭いを発するケースも出てきます。簡単に永久脱毛といいますが、施術の前後にしっかりとケアが必要です。

 

永久脱毛が自宅では絶対無理な理由

脱毛をするにはクリニックなどの施設で行うか、カミソリや毛抜きで自宅で行うものがあります。市販の脱毛器などもあって、自宅で機械を使った脱毛もできるようになっています。しかし、自宅で行う脱毛は肌を傷つけたり、産毛をより濃くしてしまいやすくなります。そういったリスクが高くなるのです。
特に永久脱毛は自宅では無理です。日本においては医師にしか施術ができないと法律で定められているのです。レーザーは使い方が難しく、専門知識がいるからです。
ですので、永久脱毛だけでなく、脱毛は自宅でやらずにクリニックでやるべきです。自分でやると肌や毛穴を傷めるリスクが高いですし、そもそも永久脱毛は素人にはできません。皮膚の専門家である医師の元で治療として永久脱毛することが望ましいのです。
また、クリニックの施術者によっても腕が問われるものですから、病院選びも慎重に行いましょう。